まつ毛美容液以外でも実践したい!まつ育にいい食べ物はこれ!

まつ毛は生活習慣に影響されやすく、食生活やストレスが直接影響してきます。
まつげ美容液だけに頼らず普段の食事にも気を付けられるところは気を付けていった方がまつ毛も育ちやすくなります。

 

 

L-シスチン

L−シスチンは皮膚・体毛・爪の主成分のたんぱく質の生成に重要な成分です。
まつ毛も健康に美しく保ってくれる効果があります。
ごま、牛肉、ラム、牛乳、オートミール、小麦粉、鮭、などにはL-シスチンが多く含まれています。

 

ケラチン

まつ毛のもとになるたんぱく質のほとんどはケラチンでできています
ケラチンは18種類からなるアミノ酸が結合して構成されるたんぱく質の総称です。
ナッツ類や牛肉、鶏肉、ラム、そしてまぐろやカツオといった魚類にも多く含まれています。

 

ビオチン

ビオチンはアミノ酸や脂質の分解や代謝を助けてくれます。
ビオチンが不足してしまうとアミノ酸からたんぱく質がきちんとつくられなくなってしまい、まつ毛のもととなるたんぱく質も足りなくなります。
牛レバー、魚介類、大豆、卵、ヨーグルト、ほうれん草によく含まれます。

 

亜鉛

代謝が原因でまつ毛が抜ける時は、甲状腺ホルモンの低下が考えられます。
その場合は甲状腺ホルモンの分泌をととのえる亜鉛の摂取をすることにより、毛の生え変りが促進されます
海藻やひじき、牡蠣に多く含まれ、単品よりも肉や魚と摂取すると効果もアップします。

 

ビタミンA・ビタミンE

血行をよくしてまつ毛を抜けにくくしてくれるのがビタミンAやビタミンEになります。
ビタミンAはほうれん草やニンジン、小松菜などの緑黄色野菜に多く含まれます。
ビタミンEがたくさん含まれるのはナッツ類や玄米、胚芽米になります。

 

 

バランスよく食べることが大事なので自分に足りないものがあった場合は気を付けてとってみてくださいね。

 

関連記事

私のおすすめまつげ美容液はこちら!

リバイブラッシュの効果口コミ

 

リバイブラッシュ最安値ショップはこちら